スポーツ整形外科

スポーツ整形外科について

スポーツ整形外科はスポーツによる運動器障害(又は運動器外傷)を対象とし、治癒させるだけではなく原因究明による再発予防を目標にしております。

スポーツ外傷とスポーツ障害は原因により分けられます。スポーツ外傷はスポーツ中の外力による損傷で、スポーツ障害は過度な負荷が長期的に繰り返される事で起きた損傷です。これらの損傷は各競技による傷害特殊性も異なるため競技種目を考慮しながら治療します。特に成長期のスポーツ選手は、疲労骨折や剥離骨折、靱帯損傷が起こりやすく、損傷によっては成長障害や変形が残る可能性があるため、スポーツ復帰への計画を含めて慎重に治療します。
また治療と並行して、再発防止のための運動療法(筋力強化、ストレッチング、運動動作指導 など)も行います。このように当院ではスポーツの種類による障害を評価し、レントゲンのみならず超音波検査を併用する事で確かな診断と治療を心がけ、運動器リハビリを通して再発予防し、皆様のスポーツ活動を支援させて頂きます。

スポーツ競技種目ごとの代表疾患

野球
投球骨折、突き指、野球肩、野球肘、上腕二頭筋長頭腱障害、肩峰下インピンジメント症候群、足関節靭帯損傷
ゴルフ
肋骨疲労骨折、ゴルフ肘、脊椎分離症
飛び込み
頚部の(頚髄、頚椎)損傷
スキー・スノーボード
スキーヤー母指、膝靱帯損傷、橈骨遠位端骨折、脊椎圧迫骨折
テニス
テニス肘、離断性骨軟骨炎、膝半月板損傷・靱帯損傷、アキレス腱断裂
サッカー
骨盤剥離骨折、膝半月板損傷、ジャンパー膝、Jones骨折、オスグット病、足関節靭帯損傷
陸上
骨盤剝離骨折、肉離れ・筋断裂、ランナー膝、腸頸靭帯炎、鵞足炎、シンスプリント、足関節靭帯損傷、中足骨疲労骨折、踵骨疲労骨折
診療科目
整形外科、リウマチ科、リハビリテーション科、内科
住所
〒116-0011
東京都荒川区西尾久8丁目27-6
アクセス
東京さくらトラム(都電荒川線)「荒川車庫前」駅 徒歩3分
JR上野東京ライン「尾久」駅 徒歩9分

Tel. 03-6807-7740

...土曜日午後14:00~16:30
【休診日】水曜日・日曜日・祝日
診療時間 日祝
9:00-12:30
15:00-18:30